リンパマッサージ通信講座で学ぶ|体から悪を排除せよ

レディー

知的財産のプロを育成

セミナー中の男性

多くの企業から社員が参加

国内にはいろいろな企業がありますが、どの企業も何らかの製品やサービスを独自開発し商品化しています。磨き抜いた技術と努力の結晶は、業界の中でライバル他社と鎬を削るための大きな武器となります。そんな社員たちの努力の結晶も、知的財産権の管理が甘ければ流出の危機にさられます。どれほど独創的な技術やアイデアでも、創り出されたノウハウさえ判明すれば他社が容易に真似できるのです。模倣に長けた海外企業は、日本企業の高い技術力を常に狙っていると考えなければなりません。近年の東アジア企業台頭には、日本企業の徹底研究という背景もあるのです。そうした事情から、各地の知財セミナーには多くの企業から社員が参加して活況を呈しています。知財セミナーとは、企業の知的財産に関するさまざまな知識を学ぶ場のことです。知的財産のエキスパートとなるためには多くの専門知識を身につけなければなりません。各企業の社員1人1人が独学でそういった専門知識を学ぶのは困難です。知的財産の専門家を講師に招き、実務からマネジメントまで多方面の知識を学んでいく場が必要となります。この知財セミナーの熱気が熱気を呼び、多くの企業に注目されているのです。

知的財産を守る戦略的経営

本来なら企業秘密とされるべき重要な技術情報が、社員の不正によって海外企業に流出した事件は記憶に新しいところです。誰でも名前を知る大企業ですらそういう事態が起こり得るのですから油断できません。企業が独自開発した発明や技術情報を守っていくには、大きく分けて2つの方法があります。1つはその技術を公にして広く公開する代わりに特許を取得し、使用料を得る方法です。その技術や発明の価値が高ければ高いほど、利用する企業が増えて莫大な特許料を得ることができます。発明や技術を守るもう1つの方法は徹底して企業秘密とする道です。この方法には機密情報の厳重管理やサイバー犯罪対策など高度な知財ノウハウも要求されます。いずれの方法でも知財セミナーに参加した社員が防波堤となり、自社の独自技術や発明を守り抜いてくれるのです。知財セミナーによっては、そうした独自技術を生み出すためのアイデア発想法や知財戦略まで学べる講座もあります。通常の手段では容易に入手できない海外の最新知財事情も、知財セミナーを通じて得られるものです。こうしたセミナーで知財のプロに育った社員は、戦略的経営を目指す企業にとって欠かせない存在となります。